個人的な話

ここ数日夢と現実が逆転している(妄想と脳内会話について)

こんにちは意識高い系クズです

 

「夢と現実の区別がつかない」

こんな言葉を聞いたことがないでしょうか?

 

私の場合、ここ数日完全に夢と現実が逆転しています。

 

正確に言うと布団に入った瞬間から起床するまでと、日中働いているときの比率が逆さになっている状態です。

 

眠ったように日中を過ごし、布団に入って訳のわからない妄想に勤しみ、その後眠りにつく。

 

日中は寝る前にどんな考え事をしようなどと考えて時間がすぎるのを待ちます。

大体12時間~14時間くらいは待ちますかね、夜になって布団に入れるようになるまで。

 

f:id:ninehalts:20180831215728p:plain

 

そしてベッドに倒れ込んでからが本番。
スマホを触るときもありますが、たいていの場合は自分を慰めるための妄想をして眠りにつきます。

 

妄想の内容は「自分が何か結果を残して、それを友人や家族、他人に褒められる」ことが多いです。

 

おそらくこれは、私が何かしらをして他人に認められたことがないから考えてしまうものだと思われます。

 

それっぽい言葉を使うならば承認欲求モンスターってとこですかね。

 

この承認欲求を満たすため、みなさんtwitterを利用して、

「月100万PV」とか「月収100万」なんて発信するのかもしれませんね。

 

私にはなにか誇れるような実績等ありませんのでこうして自分で自分を慰める日々が続きます。

 

こういった癖を治そうとしてまた自分の中で脳内会話をして自己嫌悪……なんて無限ループが起こってしまう。。なかなか苦しい状況です。

 

 

 

個人的に脳内会話の治療としてはブログを書くことにあると思います。

 

と、いうのも脳内会話でネタとしているものをこうやって文章に書き起こすんですね。

 

今書いている文章も本来は脳内にいる他人に伝えるものでしたが、ブログを書くことで治療……というところで思いとどまりこちらに書き込みました。

 

脳内にいる他人はとにかく自分の意見に肯定的で素晴らしいものです。

現実は私の意見は否定されたことしかないですからね。

 

日中は基本的に

「はい」

「わかりました(かしこまりました)」

くらいしか発言権がありませんからね。脳内会話をすると心が少しばかり軽くなります。

 

 

 

 

これ以上脳内会話について突っ込むと自分が嫌いになりそうなのでここらで終了。

 

自分の考えを書くって中々恥ずかしいことですね。